読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一番つよいもの

こんばんは。

ハルコです。

 

 

この世界のエネルギーで

一番強いと思うものは

 

【やりたい】

【すき】

 

という気持ちから派生しているものだと思っています。

 

 

 

 

ただただ、自分を信じるだけ

 

 

 

 

やりたいことや

すきだと思うことが

 

 

今、どんなに人助けと関係なくても

 

今、社会のためになるとは思えないことでも

 

今、誰にも影響することなく

一人で完結するものであっても

 

 

 

ただただ、自分を信じて

極めていってください

 

 

今は、

途方もなく無謀に思えるかもしれないし

将来性が見えないことかもしれませんが

 

 

信じて極めていくと

信じられない奇跡が待っています。

 

 

過去記事からの引用になりますが

*いつでも自分から世界ははじまる。

 

 

 

- - - - - - - - - - - - -

Paul Andrew

はイギリス出身で所持金50ドルで単身でアメリカに渡り

 shoe designer として苦労しながら夢を叶えていきます。

キラキラ認められたときの記事

 

 

※彼のインタビューから抜粋(

 

はた目には成功してるように
見えるかもしれないが
実際は違うんだ

 

僕らは発展途上のブランドで
不安も感じてる

 

苦労は慣れてる

 

所持金50ドルでNYへ来た

友達もコネもなかったけど
自力で上を目指した

 

父親は家具職人だった
日曜の朝には家具の移動を手伝い
よく小遣いをもらった
それをヴォーグを買うために
貯めていた

 

それがファッションとの出会いだ

 

家を出たのは16歳

母親とうまくいかなかった
原因は僕のカミングアウトだった
受け入れてもらえなかった

 

それからイギリスのデパートで職に就き
働きながら学校も行き
家賃も自分で払った


部屋は薄汚かったが
不幸だとは思わなかった

 

必ず夢をかなえると

心に誓っていたからだ
 

振り返ってみると
あの時があったから
今の僕があると思えるんだ

 

 

- - - - - - - - - - - - -

 

成功するかしないかではなくて

自分を信じた先に

今の彼がいるということ。

 

誰の役にたたなくても、

自分のやりたいこと、すきなことを極めていける若者が

どんどん増えていきますように。

 

いつか、誰かに愛の還元ができるようになるはず♡

スピリチュアルに生きるってそういう事だと思います。

 

 

ミニセッション

期間       3月26日(日)~4月15日まで
※空き枠については、随時お問い合わせください。

セッション時間 30分


料金       6,600円

http://haruco.jp/reserve.html



<harucoの今後の企画>
3月25日(土曜日)1DAY 13:30-15:30 ※オンライン
4月19日(水曜日)1DAY 13:30-15:30 ※オンライン
4月22日(土曜日)~全4回 PROJECT オフライン(大阪開催)
5月13日(土曜日)~全4回 PROJECT オンライン

http://haruco.jp/reserve.html